わんこのおたくガタリ

ここはわんこの語るアニメ、まんがのおたくバナシです! 最近では刀剣乱舞と2,5次元にハマリ中☆ 至らぬところだらけのブログですがどーぞよろしくお願いします♪♪

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BACCANO!(バッカーノ!) 1話 「副社長は自身が主役である可能性について語らない」

やあ~!ついに始まりました!

バッカーノ!!

WOWWOWなので私はビデオ撮れなかったのですが、ニコニコ動画で見れました!いや~便利!
うpあんがとです!

あ、バッカーノを知らない人たちのために(?)
公式サイト様の本あらすじです↓↓

1711年、大西洋上。
故郷を離れ、新天地を目指す錬金術師たちが悪魔から得たもの・・・

それは"不死の酒"だった。

その酒を飲み、不死者となった者たちには、お互いが右手で"喰い合う"ことができるという奇妙なオマケがついていた。

1930年代のニューヨーク。
その裏社会に生きる様々な人々、マルティージョファミリーの少年フィーロと幹部のマイザー、ちょっと間の抜けた泥棒カップルのアイザック&ミリア、マフィアのガンドール三兄弟、不良少年のダラスと妹のイブ、齢200歳を越える錬金術師のセラードと助手のエニスは、それぞれの思惑を持って、互いに関わりのない生活を続けていた。
だがセラードが不死の酒を蘇らせた事により、彼らの運命は複雑に交錯していく―。

そして、そのニューヨークを目指すのは、シカゴ発大陸横断鉄道フライング・プッシーフット号。
偶然乗り合わせた、革命テロリスト「レムレース」のグース&シャーネ、ジャグジー&ニース率いる不良集団、殺人鬼のラッドと婚約者のルーア、ベリアム上院議員婦人と娘のメリー、不死の少年、謎の車掌に情報屋 etc ・・・・・・
しかしこの汽車に乗っているのは、「人間」だけではなかった!?
伝説の存在であったレイルトレーサー(線路の影をなぞる者:後方の車両から乗客を次々と消し去っていくという伝説の幽霊)まで出現する!?



と、はい!こういう話っす!
いやあ、人気の高い列車編はやるって聞いてましたがうれしいですねvv

でわ、そんなこんなで1話感想~


1931年、禁酒法時代のニューヨーク。フィーロ・プロシェンツォは悪い予感を抱いていた。そしてその不安は的中する。
幼馴染みのガンドールファミリーの縄張りに、見慣れない連中が幅を利かせるようになってきたからだ。ラック・ガンドールはその対策として、殺し屋「葡萄酒(ヴィーノ)」をニューヨークに呼び寄せる。しかし、シカゴからニューヨークに向かう大陸横断急行のその車内でも、一筋縄では行かないトラブルが発生していた。一方、ガンドールの縄張りを脅かしていたルノラータファミリーのグスターヴォ・バジェッタはボスから一つの命を受けていた。富豪ジェノアード家の次男坊にして無軌道な不良少年、ダラス・ジェノアードを捉えよ、と。
しかし、彼の妹イブ・ジェノアードもまた兄の行方を探していた。かくして、いかれた奴らたちのBaccano!(狂宴)が今ここに始まった!
脚本:高木 登 絵コンテ:大森貴弘 演出:佐藤豊 作画監督:高田 晃
(公式サイトさままたも抜粋)


・・・えーと、

OP格好いい!!

良かったですよv雰囲気に合ってました!!

でもな~・・・
バッカーノ!って結構複線とか色々張り巡らせてあるお話なんです。
それこそ小説だと1ページでも読みすごせば結構後々に後悔しちゃうくらいに。

それをまとめるのは大変・・・なのは分かるんですが、

ちょっとこれは原作未読者の方に少しだけ不親切だなあと(>‐<;);;

しかも微妙に設定変わってるし(見た方のみソースどうぞ)

フィーロが不死者になるのは今回の話に出てきた路上の強奪殺人犯に襲われた後です。
いきなり指が吹っ飛んでくっついたりしたときにはビックリしました~!
話の流れ上そっちの方がやりやすかったんですかね??


うーん、たぶん総集編みたいな形が一話なんだろうなあとは思いますが、
あんな感じにされても何がなんだかわからな過ぎだと思われますよ~

原作読め☆ってことなんでしょうか(笑)

でも16話完結じゃ仕方ないのかな?

それに絵もすごい綺麗でした!
声も素敵でBGMなんか最高に合ってましたよ!
雰囲気バッチリですvv

2話目からはちゃんとした話になるといいなv
なるみたいですけどね☆

でも確かにWOWWOW放送だなあと・・・結構過激でしたから(性的じゃない方の意味で)
初回から血だらっだら流れてましたねv心臓の弱い方は駄目だと思われます(笑)


んで、バッカーノ!は主人公のいない物語です

唯一それっぽいのをあげるなら確かにフィーロなんですが、
自分の好きなキャラが主人公だと思って読めたりする希少な本なので
皆さんも興味を持ったら是非ぜひお読みくださいねvv(宣伝)読みやすいですよーv


私も実家に持って帰ろうかなー?
本好きな友人に勧めてみたいですね!


まあ、何が良かったって、ラックさんが格好良かった・・・

くっ・・・!
私はキース兄さん派だったのに・・・!子安め!!(葛藤中)

チックも声だけ出演v
カッペイさんかあ・・・個人的には少し不満。
嫌いじゃないんですが役に合ってるかぁ?;;


あ、新刊読みました!1705年!
本編入る前のあの方たちの昔!
少年二人のメモリアルがここに!って感じでした(笑)

でもぶちゃけあの二人にあんま興味ないんでどーでも良かったり(こら)

でもチェスくんの・・・あの人が見れて良かった

憎さ2割り増し・・・!!

田九郎さんは思ったとおり素敵な御仁でしたわvv


そんな感じで以上っす!
スポンサーサイト

Comment

承認待ちコメント 

このコメントは管理者の承認待ちです
  • posted by  
  •  
  • 2010.10/29 03:04分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

(アニメ感想) バッカーノ! 第1話 「副社長は自身が主役である可能性について語らない」

バッカーノ!1932―Drug & The Dominos1931年、禁酒法時代のニューヨーク。フィーロ・プロシェンツォは悪い予感を抱いていた。そしてその不安は的中する。幼馴染みのガンドールファミリーの縄張りに、見慣れない連中が幅を利かせるようになってきたからだ。ラック...

BACCANO! バッカーノ 1話 「副社長は自身が主役である可能性について語らない」

恋風の監督、脚本、キャラクターデザインが再集結。とは言っても全然作品の内容が違いますが。岸田さんの繋がりで松本憲生さん、鈴木博文さんなど上手い人達が参加。後の話数も参加してくれたら嬉しいですがそこら辺は

バッカーノ! 第1話「副社長は自身が主役である可能性について語らない」の感想。

BACCANO! バッカーノ! 第1話「副社長は自身が主役である可能性を語らない」評価:──誰ですか?私を蜂の巣にしたのは脚本高木登絵コンテ大森貴弘

バッカーノ! 第1話

「副社長は自身が主役である可能性について語らない」 バッカーノ!1705―The Ironic Light Orchestra (電撃文庫 な 9-23)成田 良悟 メディアワークス 2007-07売り上げランキング : 2502おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools 例によって原作未読状態での視聴スタ

左サイドMenu

プロフィール

わんこのよめいり

Author:わんこのよめいり
長期間放置してましたが、一念発起でもう一度してみようかと。
アラサーになってしまったオタク女子ですw
基本雑食なので結構なんでもイケます。

コメント、TB随時受付中です♪

基本リンクフリーですが一言申し出下さると嬉しいです。

最近の記事

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。