わんこのおたくガタリ

ここはわんこの語るアニメ、まんがのおたくバナシです! 最近では刀剣乱舞と2,5次元にハマリ中☆ 至らぬところだらけのブログですがどーぞよろしくお願いします♪♪

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

劇団K-Show 「恋焦がれて鯉のぼり」 感想

感想、すっかり遅くなってしまいましたが
劇団K-Showさんの「恋焦がれて鯉のぼり」観てきました☆


長いですよー;;



今回のK-Showさんは桃の節句チーム(女性パート)と端午の節句チーム (男性パート)に分かれていました。

私が観たのは男性パートだったのですが・・・・・・いや、なるほど、確かに幅の広がる舞台でしたよねって感じでした(笑)

あらすじ(端午の節句VER)は

場所は会社、五月人形の企画化のタンゴ(向後啓介)は、同じ会社の雛人形科のモモセ(渡辺あゆみ)と早朝に待ち合わせをしていた。
モモセより先に会社に着いたタンゴだが、そこには既にカシワダ部長(伊藤健太郎)の姿が。

しかし、やけに憔悴している部長の姿に最近噂になっている「リストラ
」話が本当なのではと不安になり、尋ねてみるも一笑され安心する。

そこにモモセが現れ、カシワダにからかわれる二人。
そう、タンゴとモモセは婚約し、結婚秒読みと言われる仲だったのだ。
しかし二人の顔色はさえない。

それに気づかぬカシワダの元に今度は本社の方から来た、ショウコという人事部の女性が尋ねてくる。
ショウコはどうやら、持ってきた黄色い封筒をカシワダに渡すために来たらしい。しかし、カシワダは頑なに拒否して逃げる。
何やらもめた様子の二人にタンゴとモモセは「これはリストラの話に違いない」と確信し、慌てふためく。

お互いの部署の人間と話し合って何とかしよう、とモモセは駆け出す。

そのとき、去っていこうとするモモセをタンゴは呼び止めた。
そんなタンゴの意を汲んでか優しく微笑むモモセ。

「仕方ないよ・・・早めに分かってよかったね、お互いに・・・」

「・・・モモセ、今、幸せかい?」

「ええ・・・すごく」

とまあ、なにやら意味深な発言を終了して二人はわかれる。

少しだけ物思いに耽っていたタンゴの元に次々と同僚たちが現れ、ショウコの話をすると「リストラ!?」と皆焦りだす。

しかし、結果を出せばよいのでは、とどうにかやる気を出して仕事が開始される。
今回の議題は五月人形が伸び悩んでいる現状況をどうするかだった。

色々と意見を出し合い、「新しい記念日を作ってしまえば?」という発想に行き着き、ならばいっそのこと3月3日のひな祭りと5月5日の五月人形の間をとって今日もちょうど4月4日だし、4月4日に「恋人の日」なんてどうだろう、とタンゴとリュウモン(諏訪貴士)は提案する。

可決され、早速形に移そうと頑張る皆の元に、またもや人事部ショウコが現れ、カシワダを探していると言う。

ショウコのことを「例の人事部の人だ!」とこっそり教えるタンゴに皆は焦る。

どうにか引き止めて持っている封筒の中身を教えてもらおうと四苦八苦する五月人形課。

そこに現れるカシワダ。ショウコとまたもや押し問答が始まる。

ハラハラと皆が息を呑んでいたが、「お見合い写真を見るだけでも・・・」と言う言葉にリストラ名簿でないことを悟り、脱力する。

そして、関心はカシワダが何故見合いしないのか、ということにいく。

「私には結婚する資格がないんだ・・・」

そのカシワダの言葉に「確かに部長がここまで頑なに拒否するのは何か訳があるはずだ」と悟るタンゴ。

尋ねると何年か前の今日、4月4日に離婚した妻がいること、その妻との間に子どもが出来なかったこと、そしてその原因は自分で子どもを作れない体なのだと言うことを暴露する。

「これで分かったろう? 私のプライベートの話だ。君には関係ない」
「関係なくなんてない!だって、俺たちは・・・!」
「タンゴ!」

頭に血が上った様子で何かを叫ぼうとするタンゴをリュウモンが止める。

その間にカシワダはその場を去ってしまった。


「・・・子どもが作れないからって、結婚する資格がになんてそんなことない!」

そう憤るタンゴにショウコはうなずく。
そして、その封筒の中身を皆に見せる。

そこには――


やっと捕まったカシワダ部長に、皆は見合いをすべきだと強く主張する。


彼は必死にお見合いをしてくれとカシワダ

何やら聞いてほしいことがあるという。
そこで明かされる真実。

モモセとは結婚しないと言うこと、
そして自分は同性愛者でリュウモンと付き合っているということ。


「俺たちは結婚もできないし、子どもも作れない。でも・・・」

必死に愛する人が側にいることの喜びを語るタンゴに胸を打たれたカシワダは、ショウコから見合い写真を受け取る。

「見てみるだけだぞ・・・」

しかし、そこにあったのは別れた妻の写真。

驚愕するカシワダはそこに一緒に書かれていたメッセージに涙する。

「貴方に一方的に別れを付きつけられた時は訳が分かりませんでしたが、後に貴方が子どもを作れない体なのだと知りました・・・。それでも私は貴方を愛しています。終わりの4月4日を始まりの日にしませんか?」

「奥様は待ってます、早く行ってさしあげてください!」

ショウコの後押しに駆け出すカシワダ。

「ありがとう、タンゴ君、リュウモン君。変な芝居までさせてしまってごめんね」

「え?いや、芝居じゃ・・・」

返事も聞かぬまま走り出すカシワダ。

残されたタンゴとリュウモンは苦笑い。

「芝居だって・・・」



とまあ、こんなあらすじです。ぐえ~疲れた;;
うろ覚えなんで絶対ところどころ違ってますがこんな感じでした☆

実際の劇は笑い要素たっぷりのコメディ系ですのでこのあらすじだけで信じないで下さいね!(笑)

なにはともかく、楽しかったです。
でも肩組んだりとかはいらnfdijig,erk

げほげほっ・・・女性パートも見てみたかったです!

スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

わんこのよめいり

Author:わんこのよめいり
長期間放置してましたが、一念発起でもう一度してみようかと。
アラサーになってしまったオタク女子ですw
基本雑食なので結構なんでもイケます。

コメント、TB随時受付中です♪

基本リンクフリーですが一言申し出下さると嬉しいです。

最近の記事

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。